会社概要

社史

  • 1951年(昭和26年)

    浅草石浜町に資本金 20万円で合資会社荒井製作所を設立。
    工業用革パッキン、革ボタン(特許)の製造販売を始める。

  • 1954年(昭和29年)

    合成ゴムの未来に着目。合成ゴムのニトリルゴム(NBR)を利用して、オイルシールへの応用と、その密封性能の探求を開始。

  • 1955年(昭和30年)

    革ボタン、革パッキンの製造を全面的に中止。未知の合成ゴムの世界に180度転換。
    合成ゴムによるオイルシール開発。オイルの「吸引作用」を見出し、高性能シール完成。

  • 1956年(昭和31年)

    株式会社荒井製作所に改組、資本金200万円に増資。

  • 1957年(昭和32年)

    ヤマハオートバイのレーサー用の2サイクル2シリンダーのエンジン中間軸にArsラバーシールが全面採用され、浅間レースで完勝。
    技術の優秀性が認められる。

  • 1958年(昭和33年)

    資本金400万円に増資。
    モーターショーに初出品。
    Arsラバーシールがヤマハ全車種に採用される。

  • 1959年(昭和34年)

    ホンダレース車にArsラバーシールが初めて採用される。

  • 1960年(昭和35年)

    資本金970万円に増資。
    浜松に出張所を開設。

  • 1961年(昭和36年)

    ホンダ車、イギリスのマン島TTレースで1~6位独占(Arsシールを全てに採用)。
    日本車による世界制覇となり日本製二輪車の黄金時代に。
    資本金2,500万円に増資。

  • 1963年(昭和38年)

    資本金5,000万円に増資。

  • 1965年(昭和40年)

    東京中小企業投資育成株式会社の30%資本参加を得て、資本金1億円に増資。
    大阪営業所開設。

  • 1966年(昭和41年)

    筑波工場第1期工事竣工、稼動開始。

  • 1967年(昭和42年)

    名古屋営業所開設。

  • 1968年(昭和43年)

    バルブステムシール(AF製品)、トヨタ車R系エンジンに全面採用される。

  • 1972年(昭和47年)

    筑波工場に本格的な製造工場建設。
    複写機用定着ローラー開発。

  • 1974年(昭和49年)

    秋田県八森町に合弁会社、秋田エー・アル・エス設立。

  • 1975年(昭和50年)

    熊本営業所開設。
    資本金2億5,000万円に増資。
    業務技術提携。
    総合密封産業への体制を確立。

  • 1977年(昭和52年)

    ガスケットメーカーのソーワ工業株式会社と業務提携・技術提携総合密封産業への体制を確立。

  • 1978年(昭和53年)

    複写機用ローラー販売を中心とした相模出張所を開設。
    二輪車エンジン用リードバルブの生産体制を確立、製造販売開始。
    新製品「FSシール」(アルフロン使用)を発表し、国際特許申請。
    メカニカルシールの製造販売を発表。
    株式第三者割当てによる増資、資本金4億円に。 

  • 1980年(昭和55年)

    つくば市谷田部町真瀬に、リードバルブ製造のための新工場(真瀬工場)完成。

  • 1981年(昭和56年)

    埼玉営業所開設。

  • 1982年(昭和57年)

    インドネシア、アルタ・タマリスカ社に資本参加の形で合弁会社設立。
    (旧名称:P.T.ARS ARTAMARA OIL SEAL INDUSTRY INDONESIA)。

  • 1985年(昭和60年)

    栃木県芳賀郡芳賀町に栃木出張所開設。
    ローラー、ブレード等OA機器部品製造の筑波西工場完成、創立30周年記念式典を同工場にて挙行。
    岩手県岩泉町に岩手アライ株式会社設立。
    Ars製品がF1マシンへ採用される。

  • 1986年(昭和61年)

    新製品「KZシール」を発表。

  • 1987年(昭和62年)

    米国バージニア州バージニアビーチ市のノーホーク空港工業団地に、A.R.S.MANUFACTURING,INC.を設立。

  • 1989年(平成元年)

    インド・ハイテク社との間でオイルシール技術協力契約を調印。
    タンゲラン県マニス工業団地にインドネシアの企業アストラグループと日本アセアン投資との合弁によるP.T.ARAI RUBBER SEAL INDONESIAを設立。(旧名称P.T.ASTRA RUBBER SEAL INDUSTRY)。

  • 1991年(平成3年)

    タイのチョンブリ県シラチャ市に、タイのサハ・パタナ・インターホールディング、タイ矢崎電線、日本アセアン投資、三菱商事との合弁によるTHAI ARAI CO.,LTD.設立。

  • 1992年(平成4年)

    新潟県十日町に新潟アライ株式会社の前身である株式会社高瑛製作所が設立。

  • 1994年(平成6年)

    インドのハイテク・アンシラリーズ・リミテッドに三菱商事とともに資本参加
    社名をHI-TECH ARAI LIMITEDに変更。

  • 1995年(平成7年)

    中国の武漢市に洪山区物資協作開発公司とキナージー社、華中理工大学との合弁による武漢荒井密封件製造有限公司を設立。(旧名称武漢安華密封件製造有限公司)。

  • 1998年(平成10年)

    「ISO9001規格認証」取得。

  • 2000年(平成12年)

    (株)高瑛製作所を出資会社とし、新潟アライ株式会社に社名変更。
    香港に香港荒井国際有限公司を設立。

  • 2001年(平成13年)

    中国広東省東莞市に東莞荒井橡膠製品有限公司を設立。
    米国バージニア州にArai Americas, Inc.を設立。
    A. R. S. MANUFACTURING, INC. の業務を移管。

  • 2002年(平成14年)

    環境マネジメントシステム「ISO14001規格」認証取得。
    武漢荒井密封件製造有限公司、新工場落成。
    「ISO9001:2000規格」認証取得。

  • 2003年(平成15年)

    株式会社ジェイテクト(旧 光洋精工株式会社)と自動車用シール類の製造と販売に関する業務提携。

  • 2005年(平成17年)

    ベトナム ハイホン市にVIETNAM ARAI CO.,LTD.設立。

  • 2007年(平成19年)

    東京都台東区に本社移転。

  • 2009年(平成21年)

    茨城県つくば市に本社移転。

  • 2011年(平成23年)

    茨城県つくばみらい市に本社移転。

  • 2014年(平成26年)

    東京都中央区に本社移転。

  • 2016年(平成28年)

    東京都中央区東日本橋に本社移転。